フローリングの一部を琉球畳にしようと思っておりますが、薄い畳は座り心地が硬くないでしょうか?

Q:リビングのリフォームを考えています。フローリングの一部を琉球畳にしようと思っておりますが、薄い畳は座り心地が硬くないでしょうか?

畳のサイズに合わせて縁なしで大工仕事してもらう予定ですので厚くなっても問題ないのですが、普通の畳のような柔らかさを持った琉球畳はありますか?

A:柔らかめの足触りがお好みの場合は、厚みはそのままで、クッションを入れることもできます

現在の畳に使われている芯材の主流は、インシュレーションボードという木質繊維を固めた畳ボードがほとんどです。

通常の畳も、弊社の置き畳も同じインシュレーションボードで製作しております。

昔の畳は、藁(わら)を材料にした芯材でした。

使い初めは硬いのですが、10年20年と使用するうちに柔らかくなります。その柔らかさ良いというお客様は多数いらっしゃいます。

柔らかめの足触りがお好みの場合は、厚みはそのままで、畳表と芯材の間に3mmのクッションを入れることもできます。

クッションを入れた状態で 15mm に仕上げます。

クッションを入れる場合、サイズオーダーと同じ扱いになりますので、別途お見積りになります。

サイズオーダーの場合は、6枚以上で10%値引きしております。

 

クッション入の芯材

3mmクッション入の入った畳の芯材

クッションあり 図解

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください