畳表について熊本産と中国産では、どちらが、持ちがよい、丈夫というような違いや、おすすめはありますでしょうか?

基本的に、見た目は同じで判別は難しいレベルです。

日本の畳の需要における中国産の比率は約80%です。ほとんどが中国産と言えます。

ただ、中国産い草は、少し表皮が国産に比べて弱い面があります。

理由は、中国産イグサの場合、海上コンテナ輸入されるため、湿気によるカビの発生を押さえる必要があります。その為に高温で乾燥させています。

い草の自体の含水量が国産に比べると少ないということです。

IMG 0460

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください