畳のサイズ

| | トラックバック(0)
畳の1帖大きさは建物や地域によってそれぞれ違います。


公団住宅、アパート、マンション等、共同住宅や高層住宅は


ほとんどが五八間か団地間になっていますが、


地域によって江戸時代の始めより引き継がれたサイズが存在します。


同じ部屋の1畳の大きさも建物の造りによって違います。



 【本間】
 京間、長さが6.3尺あるところから六三間ともいう。

 関西京都、大阪、紀州から中国、四国、九州に多く、一般に京間(きょうま)と 

 呼ばれる。



 【五八間】
 長さ5.8尺あるもので、関東、東北、北海道など

 東日本の大部分を占めていますが、

 現在ではほとんど全国的に散在しています。
    
 また、江戸間(えどま)、田舎間(いなかま)と呼び、京間と並び代表的なもの。


 


 一度ご自身のお部屋も測ってみてどちらのサイズなのか知るのもいいですね!





 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 畳のサイズ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.ryu-kyutatami.com/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/343

このブログ記事について

このページは、琉球畳どっとこむが2012年10月 2日 10:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「たたみ寸法ピッタリ!!」です。

次のブログ記事は「Q.畳の上に置き畳を敷くのは使用上問題ないですか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja