Q,畳の厚みとクッション入りとの違い

| | トラックバック(0)

Q、畳の厚さを厚くするのと、クッションを入れるのとでは、


感触・やわらかさ等、どのような違いがあるのでしょうか?





A畳の厚みによってクッション性が変わることはありません。


畳の厚みは敷居の高さに合わせる場合や、


見た目に厚みがあった方がよい場合などで変更します。


30mm上の厚みがあれば、見た目も質感もしっかりした感じになりますが、


座り心地や足触りは15mmで製作した場合とほとんど変わりません。


柔らかめの足触りがお好みの場合は


畳表と芯材の間に3mmのクッションを入れることもできます。


クッションを挿入すると藁(わら)畳の感触に近くなります。




↑ クッションなし 厚み15mm




↑ 3mmクッション入り 厚み15mm




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Q,畳の厚みとクッション入りとの違い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.ryu-kyutatami.com/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/334

このブログ記事について

このページは、琉球畳どっとこむが2012年9月10日 10:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「置き畳、クッション無しクッション入り」です。

次のブログ記事は「家具とも統一、炭入り黒畳」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja