畳の市松模様

| | トラックバック(0)
よくお客様にご質問される事があります。


それは畳の【市松模様】について。


濃い色の畳と薄い色の畳を二色敷いたら市松模様になるのですか?


というご質問です。


これは違います。


畳の目の方向の置き方を変えるだけで、


光の差し方によって市松模様に見えるんです。



↑この写真はすごくわかりやすいと思います。


畳の目(縫い方向)が縦と横になっていますね!


こうすることで市松模様に見えてきます。


全体図が以下です。↓



市松模様にするとお部屋が引き締まって見えますね!




畳表は徐々に退色していっても、


この模様がなくなることはありません。





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 畳の市松模様

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.ryu-kyutatami.com/cp-bin/mt/mt-tb.cgi/294

このブログ記事について

このページは、琉球畳どっとこむが2012年5月14日 12:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「畳で夏涼しく」です。

次のブログ記事は「琉球畳どっとこむの畳見て下さい!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja